コカコーラを水のように飲み続けた男の末路

生活習慣

こんにちは、食育アドバイザーのemirinです。

私が20代前半の頃、実家の近所に車いすで生活している中年の男性がいました。40年も昔で、しかも田舎なので、車いすで行動している人は目立つ存在です。

母がその男性を見て、「あの人、コーラばっかり水のように飲んでたからあんな風になっちゃったのよ・・・」って。

え?コーラで?コーラは私も時々飲んでいましたが、コーラを飲んで車いす生活なんてちょっと想像もできませんでした。

よくよく聞いてみると、その男性はコーラが大大大好きで、水代わりによく飲んでいたそうです。ほぼ中毒ですね。それだけが原因かどうかわかりませんが糖尿病になり、ろくに病院にもいかず好きなものばかり飲んだり食べたりしていたそうなんです。そんな生活習慣を送った結果、糖尿病が悪化して足を切断するまでになり車いす生活になったのだとか。

でも、糖尿病が悪化して足を切断とか、糖尿病って恐ろしい病気なんだなと思いました。あれから月日は流れ、その事はすっかり忘れていましたが、糖尿病になった友人と雑談をしていてふと思い出しました。

結構周りを見渡してみると、糖尿病の人って意外と多いんですよね。みなさん頑張って今以上悪くならないように、食事制限や運動に励んでいます。

糖尿病の何が怖いかって重症化することによる合併症が怖いんですよね。 網膜症腎症神経障害3大合併症と言われてるんです。

そこで、今回はコカコーラと糖尿病について書いていきたいと思います。

今回の記事は次のような人におススメです

▶糖尿病について知りたい方
▶コーラや甘いものが止められない方
▶健康な毎日を送りたいと思っている方

スポンサーリンク

コカコーラってどんな飲み物?

コカコーラ

さて、コカコーラってどんな飲み物でしょうか。コカコーラの原材料は、 糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料およびカフェイン から出来ています。そして、コカコーラは糖分の量がハンパないんです。

原材料名で表示されるのは成分の多い順から表示されるのが決まりになっています。コカコーラの原材料名見ての通り糖類が一番初めに来ているので一番多いことがわかります。

500mlのペットボトルの中には砂糖がなんと56.5gも入っているんです。角砂糖なら15,6個分も入ってる勘定になります。500mlペットなんて夏の暑い時なら一気に飲めそうですよね。

こんなに大量の糖分を身体の中に入れたら急激に血糖値が上がってしまいます。飲んでるときは、美味しい~!スカッと爽やかコカコーラ~なんて言ってる場合じゃありません。

血糖値が上がると、血糖値を元に戻そうとして膵臓のからインスリン分泌されます。水代わりに毎日コカコーラを大量に飲んでいると、インスリンの分泌が追いつきません、そうすると常に血管内に大量の糖分でいっぱいになり、糖尿病を発症してしまうという結果が待っているという事ですね。

果糖ブドウ糖液糖って何?

果糖ブドウ糖液糖は、異性化糖ともいい、トウモロコシ由来のコーンシロップを科学的に異性化し、果糖とブドウ糖を混ぜ合わせた液糖のことをいいます。つまり砂糖ですね、砂糖より甘さを感じにくいので、ほとんどの清涼飲料水やアイスクリームなどに入っています。

冒頭でも言いましたが、 500mlペットボトルのコーラの中には56.5gもの砂糖が入っています。500mlのコーラなんてあっという間に飲めちゃいますよね。角砂糖15,6個分ですよ、これが一瞬んで体の中に入ってしまう、でも甘さがあまり口に残らない、ここが落とし穴、だからぐいぐい飲めてしまう。

そして、果糖ブドウ糖液糖の原料のトウモロコシは遺伝子組み換えされているトウモロコシだという事です。果糖ブドウ糖液糖は今やいろんな加工品に入っています。清涼飲料水を始め、飲むヨーグルトや焼き肉のタレ、めんつゆ、ポン酢など。稀に安いお醤油に入っている時もありますから要注意です。

果糖ブドウ糖液糖は糖分です。砂糖です。砂糖の摂り過ぎは身体を糖化させると言われています。糖化とは、身体の老化を促進させ、生活習慣病のリスクを高めてしまう事です。

果糖ブドウ糖を摂り過ぎると肥満はもちろん、心臓病や糖尿病のリスクが高まると言われています。

糖尿病ってどんな病気?

全国で糖尿病とその予備軍を含めると2200万人とも言われています。糖尿病とは、血液中に糖が増えすぎて、常に血糖値の高い状態をいいます。

糖尿病の怖い所は合併症ですよね。網膜症、腎症、神経障害が糖尿病の三大合併症と言われています。

網膜症は失明の原因第2位で、腎症になると腎臓の機能が失われ人工透析に、神経障害では足を切断する事態になるという怖い病気です。

糖尿病の原因

糖尿病の原因は、遺伝もあるようですが、炭水化物や糖分の摂り過ぎと運動不足 、過度の飲酒、加齢 などが挙げられます。

糖分は砂糖だけじゃなく、今回の果糖ぶどう糖液糖や人工甘味料も糖分に入ります。砂糖たっぷりのコーラを水代わりに飲んでいれば、常に血管内は糖でいっぱいになり高血糖の状態になります。

血糖値を一定に保つために膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。常に高血糖の状態が続くと、インスリンが分泌されるのにも限界があります。

インスリンが出続けることで膵臓自体が疲弊してしまい、インスリンの分泌も出にくくなり、常に血管内は糖分で一杯になり、尿にまで糖が出るようになります。これが糖尿病です。

しかも糖分は血管をボロボロにしてしまうので腎臓や目など全身に症状が出てくるのです。それが合併症です。

カロリー&糖質制限 初回購入

糖尿病を予防する生活

糖尿病は進行すると怖い病気だけど、予防である程度防げる病気だと思います。

バランスの摂れた食事と運動が大切
誰でも食事をすると食後の血糖値が上がるので、急にあげるのではなく、緩やかに上昇するような食べ方が大切だと思います。

まずは、ご飯の量を少し減らして、おかずをその分多く食べたほうがいいです。食べる順序は野菜や食物繊維などから食べると、血糖値の急上昇が防げます。そしてよく噛んで食べる、よく噛んで食べる事でも血糖値の急上昇を防ぐ事が出来ます。

そして、適度に運動する事、運動するとエネルギーが消費され、血糖値を下げてくれます。

要は血糖値を上げ過ぎず、糖分を押さえて血管内に長時間、糖が居座る事のないように、運動をしてエネルギーの消費を増やすのが大事だと思います。

まとめ

糖尿病は発症すると一生付き合っていかないといけない病気です。冒頭で話した友人は、母親と姉、弟も糖尿病だそうです、家族が糖尿病だと糖尿病になる確率が高いのでしょうね。

お姉さんの方は合併症の網膜症を発症して、目がほとんど見えないと言っていました。

糖尿病は合併症になるまで痛くもかゆくもないので、ついつい以前の食生活に戻ってしまう傾向にあるといいます。

糖尿病の予後の管理はホント大変そうです、もちろん甘いものは食べれないし、果物も糖分があるのであまり食べないようです。友人の自宅に遊びに行くとき手土産を持って行くのに何が良いのか悩みの種です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

生活習慣
スポンサーリンク
emetanblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました