蜂蜜の栄養を効果的に摂りたい!身体に良い本物の蜂蜜の選び方

栄養学

こんにちはemirinです。

蜂蜜と言えば、昔からホットケーキや食パンにタップリかけて食べるのが好きでした。とろーり甘くて美味しい蜂蜜。

でも、スーパーで売られている蜂蜜ってほとんどが加熱処理されている可能性が高いってご存知ですか?

蜂蜜は40度以上の加熱で一部のビタミンや酵素が壊れて失われてしまうんです。身体に良いと思って食べていた蜂蜜が、思ったほど栄養効果がなかったらガッカリですよね。

そこで、スーパーで売られているハチミツの効果と使い方、身体に良い蜂蜜の選び方などについてまとめてみました。どうせなら蜂蜜の栄養を効果的に摂りたいですよね。

この記事は次のような方におススメ

▶健康のために本当の蜂蜜について知りたい方
▶元気で楽しいシニアライフを送りたいと思っている方
▶健康寿命を延ばしたいと思っている方

スポンサーリンク

スーパーで売られているハチミツ

スーパーで売られているハチミツはほとんどが加熱処理されています。ハチミツにはビタミン、ミネラル、酵素などの栄養分が含まれていますが、ビタミンや酵素は熱に弱く40度以上で死滅し、もともとの栄養効果が失われてしまうんです。

なぜ、わざわざ加熱処理して折角の栄養効果をなくすような事をしているのでしょうね。

その理由は、採取したばかりの蜂蜜には、ゴミやミツバチの死骸などが混ざっているため、それを効率よく早く取り除くために、フィルターを通してきれいな蜂蜜にしなければいけません。加熱すると蜂蜜自体が柔らかくなりフィルターをスムーズに通りやすくなります。そして、瓶にも詰めやすくなります、要は時間をかけずに早く商品化するためです。

コストをかけずに、大量生産するためには、チンタラ手間をかけているヒマなんてないということです。国内に出回っているはちみつの90%以上は加熱処理されていると言われています。なので、スーパーで売られているはちみつは、ほぼほぼ蜂蜜本来の栄養効果は期待できないという事になります。

単なる甘味料として使用するなら、砂糖よりははるかに身体にはいいですよね。砂糖代わりの調味料として、料理やお菓子作りに割り切って使うのも有りだと思いますよ。

ところでスーパーで売られている蜂蜜には3つの種類があって

  • 純粋はちみつ:みつばちが植物の花みつを採集し、巣房に貯え熟成した天然の甘味物質。
  • 精製はちみつ:純粋はちみつから臭い、色等を取り除いたもの。
  • 加糖はちみつ:純粋はちみつに異性化液糖その他の糖類を加えたものであって、純粋はちみつの含有量が重量百分比で60%以上のもの。 

Wikipedia参照

純粋はちみつは添加物は何も入っていない天然の蜂蜜です。加糖はちみつの異性化糖は果糖ブドウ糖液糖やブドウ糖化糖液糖と同じなので身体にあまり良くないです。精製はちみつは臭いや味を取り除いたものとなっていますが、ビタミンやミネラルなどの栄養素もそぎ取られています。

スーパーで売られている蜂蜜は単なる甘味料として使用するのがベストです。

本来の蜂蜜の7つの効果

では、加熱処理されていない天然のはちみつにはどんな効果効能があるのでしょうか。

はちみつの成分はほとんどが活動エネルギーになるブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)です。その他にもビタミン、ミネラル、酵素、アミノ酸などの栄養成分が150種類以上も含まれているんです。

天然の健康食品と言ってもいいですよね、しかも砂糖より甘いけど砂糖よりカロリーが低いんです。

①疲労回復効果
ハチミツの効果と言えば、疲労回復効果がまず一番に思い浮かびます。蜂蜜は消化が早く素早く体内に吸収されるので、体が弱っていたり、疲れが溜まっているときなどは、スプーン一杯飲むだけでも疲労回復効果は期待できます。

②動脈硬化予防
蜂蜜には動脈硬化を予防する効果があると言われています。蜂蜜にはコリンと言う成分が含まれていて、このコリンが血圧を下げて悪玉コレステロールが血管壁に沈着するのを防いでくれます。

そして、ミネラル成分のカリウムが摂り過ぎた塩分を体外に排出してナトリウムのバランスを整え高血圧の予防にも良いと言われています。

③腸内環境を整える
蜂蜜は腸内環境を整え便秘解消の効果もあると言われています。蜂蜜に含まれるグルコン酸やオリゴ糖が善玉菌を増やして悪玉菌を死滅させる働きがあるというのです。

常に腸内環境を整えておくことは免疫力アップのためにも欠かせませんよね。食べ方としてはプレーンヨーグルトに蜂蜜をスプーン1杯入れて食べるのがおススメです。

④二日酔いの予防
ハチミツに含まれる果糖がアセドアルデヒドの分解を促進して、血中のアルコール濃度を下げる働きがあります。お酒を飲む前後に小さじ2杯ぐらいを食べると二日酔いが軽くなるらしいですよ。

二日酔いは辛いですからね、なるべく二日酔いを軽くしたい方は試してみるといいですよ。

⑤殺菌効果
蜂蜜には殺菌作用もあると言われています。のどの痛みや咳、口内炎、軽いすり傷や火傷にも効果があるようです。

蜂蜜をなめると痰の切れも良くなり、のどのイガイガにも効果的です。口内炎の場合は直に塗ったり、ぬるま湯の蜂蜜水でうがいするのも効果的だとか。

蜂蜜は純度が100%だと殺菌作用が強いので腐る事はないんだそうです。医療用の消毒にも使われてるというからすごいですよね。

⑥脳の活性化
脳にとってブドウ糖は大切な栄養源です、蜂蜜は主にブドウ糖と果糖から出来ています。他にもビタミンやミネラル、アミノ酸、酵素、ポリフェノールなど脳を活性化してくれる栄養素がたくさん含まれています。

中高年になったら是非摂っていきたい成分ばかりです。

⑦肌に潤いを与える保湿効果
蜂蜜の保湿効果は有名ですよね、蜂蜜のパックがあるほどですから。蜂蜜には乾燥を防ぐビタミンB2や皮膚を保護するビタミン12や肌に大切なコラーゲンなども含まれているので、乾燥から肌を守ってくれます。

身体に良いハチミツの選び方

健康を考えて蜂蜜を選ぶなら当然非加熱の国産の蜂蜜が一番ですよね。スーパーなどでは当然売っていないと思います。ならばどこで・・・ですよね。

養蜂家さんから直接購入するか、通販を利用する方法しかないと思いますよ。今はいい時代になりましたよね、近くで売っていなくても全国各地お取り寄せが出来るんですから。

スーパよりちょっと値は張りますが、健康には換えられません。スーパーで買う蜂蜜は甘味料として、国産で非加熱の蜂蜜は健康のためにだけに使用する、と言うように使い分けするもの一つのあり方かと思います。

だって、国産の非加熱の蜂蜜って言ったら、メッチャ高いですから、料理に使ったりやコーヒーや紅茶に入れるのなんてもったいないもったいない。 

非加熱の国産純粋蜂蜜の紹介をします

百花蜂蜜
九州各地・広島・山口からレンゲの花や菜の花、山の花など色々な花からとれた蜂蜜。
完熟蜂蜜・100%天然蜂蜜・非加熱のこだわり蜂蜜、まさに生の蜂蜜。
香り、うま味ともに舌触りまろやかで後味もスッキリしています。
¥3,597~

▶はちみつの恵
品名:国産純粋はちみつ
原料名:はちみつ
原産国:日本
¥1,870~

純粋国産完熟はちみつ「Acacia-アカシア」
アカシアの花の蜜だけで出来た蜂蜜です。 農薬を使わずに栽培している農園にあるアカシアから採れる非加熱純粋生ハチミツです。

定期的に成分検査を行って残留農薬がないかチェックし品質管理をしています。 アカシアならではの繊細で透き通るような上品な風味、上質な甘みが特徴です。

採取地:大阪府太子町 
内容量:230g 
\3,200~

本当においしい本物のハチミツは熱を加えちゃいけません、そのまま食べるのがおススメですよ。

1歳未満の乳児に蜂蜜を与えてはいけない理由

蜂蜜は1歳未満の赤ちゃんに与えないでくださいって容器にも書いてありますが、詳しい理由知っていますか?ボツリヌス菌がなんちゃらぐらいしか知りませんでしたが、今回ちょっと調べて見ました。

一歳未満の赤ちゃんに蜂蜜を与えると、ボツリヌス菌によるボツリヌス症を引き起こすと言われています。ボツリヌス菌は 海や川、湖、土壌などに広く存在 しています。

ボツリヌス菌は100℃で数分間加熱しても生き残るといわれる、しぶとい菌なんです。乾燥や熱に強い「芽胞」を形成して、腸内環境が未発達の乳児の腸管内で発芽、増殖して毒素を出すことにより発症するそうです。

ボツリヌス症の症状としては、便秘や哺乳力の低下、元気がない、泣き声の変化、首のすわりが悪くなるといった症状を引き起こすことがあるようです。まれに死亡することもあるので、一歳未満の赤ちゃんには絶対与えては危険ですね。

ちなみに、1歳を過ぎて大人と同じようの物をいろいろ食べるようになると、腸内環境も発達し、腸内細菌にボツリヌス菌が負けてしまうのでボツリヌス症には罹らないそうです。

消費者庁ホームページ参照

 

まとめ

蜂蜜の栄養効果素晴らしいですよね。国産で非加熱の蜂蜜を一日ティースプーン一杯で蜂蜜の恩恵に預かれるのですから、摂らない手はないですよ。

ハチミツは、数ある天然食品の中でも、豊富な栄養に加え、太古の時代から貴重な栄養源として古い歴史を持っています。

蜂蜜は熱を加えると大切な酵素が失活してしまうので、そのまま食べるのが蜂蜜の栄養を根こそぎ取る方法としてはおススメです。

スーパーやコンビニで売られている蜂蜜は、砂糖代わりの甘味料として使うなど、使い分けするとイイと思います。白砂糖より蜂蜜の方が断然身体にやさしいですから。

健康が一番です、なるべく身体に良い物を摂りいれて、楽しく生きて行きたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

栄養学
スポンサーリンク
emetanblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました